仮想化基盤を利用する規模

仮想化基盤を利用することによって、複数のサーバをまとめることができるために、コスト削減になるケースはよくあります。

複数のサーバを別々に管理をするよりも、処理能力の高いサーバに仮想空間を作って、その空間内に複数のサーバを設置すると言ったことが可能です。
物理サーバの数を減らすことができると言うこともあって、維持管理にかけるコストを小さくすることは難しくはありません。

NAVERまとめ情報のことならお任せください。

しかし、これがすべての場合にコスト削減につながるわけではありません。



例えば、サーバが2台あるくらいなら、2台をそのまま運用するデメリットはそれほど大きくはないと言えるでしょう。



仮想化基盤を用いて仮想サーバにしたとしても、それによるメリットはそれほど大きくはならないのです。

規模が小さければあまり役に立たないと言うことは知っておくべきでしょう。
極端な例を挙げれば、サーバが1台しかないのなら仮想化基盤は全く必要ないわけです。

では、どれくらいの数になれば良いのかというと、10台くらいがその目安だと考えられています。

自社で10台以上のサーバを運用している場合、統合し手処理を分散した方がコスト削減にはつながるケースが多いです。

ただ、これは自社で処理能力の高いサーバを取得する場合ですから、クラウドの仮想サーバを利用しようと思っているのなら1台でもコスト削減ができるケースもあります。
1台のサーバを安全に管理するために技術者を雇っているのなら、クラウドを利用した方がコストが安くなりやすいです。

Copyright (C) 2015 仮想化基盤を利用する規模 All Rights Reserved.