仮想化基盤によるリソースの節約

仮想化基盤が普及してきたことによるメリットの一つが、リソースを節約できるようになったことです。
リソースとは、CPU、メモリ、ハードディスクの3つを指します。
節約できる理由は、共有できるようになったからです。
分かりやすく言うと、うまく配分ができるようになったからだと言えるでしょう。



例えば、二台の物理サーバーがあって、それぞれが独立した処理を行っていたとしましょう。


両方が常にフル稼働していれば無駄はありませんが、それぞれがアイドリングしている時間帯があるような場合、仮想化基盤の技術を用いると無駄を省くことができます。極端に言えば、ある物理サーバーは昼間しか動かず、別の物理サーバーは夜中しか動かないといった場合、それぞれのリソースはかなり無駄になっているはずです。

仮想化基盤の技術を用いて、一つの物理サーバー内に二つの仮想サーバーを設置すると、一つのリソースをうまく分けることができ、サーバーそのものは一台しか必要になりません。サーバーの数が100台、1,000台となってくると、さらに効率的に分散できることが分かるでしょう。

Nutanixがとても人気であることがわかります。

うまく処理を分散していくことによって、それぞれが独立したサーバーとして稼働するよりも効率的な処理が可能になってきたわけです。

現在では様々なところで仮想化基盤が用いられていて、社会的に見てもリソース全体を効率的に稼働させることに成功していると言えるでしょう。
現在ではなくてはならない技術なのです。

NAVERまとめの知識を増やしてみませんか。

Copyright (C) 2015 仮想化基盤によるリソースの節約 All Rights Reserved.